山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
スポンサーリンク

山口あき子
受講生からのQ&Aをシェアしたいと思います。
ぜひ、参考にしてくださいませ。

支給限度基準額が適用されないサービスとして、以下の8つがありますが、何故この8つが、適用されないのでしょうか?

(1)居宅療養管理指導

(2)特定施設入居者生活介護(短期利用を除く)

(3)認知症対応型共同生活介護(短期利用を除く)

(4)地域密着型特定施設入居者生活介護(短期利用を除く)

(5)地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護

(6)居宅介護支援

(7)介護予防支援

(8)施設サーヒ?ス

まず、どうして介護サービスには支給限度基準額が設けられているか?

というところから説明しますね。

利用者のニーズは、同じ要介護度であっても多種多様で生活に密接に関連しています。

つまりそれは、ニーズの高い人は1割負担でいくらでもサービスを利用するようになってしまい、利用に歯止めが効きにくいということになるということです。

そこで一定の制約を設け、その範囲以内でサービスの選択ができる仕組みを作りました。

これが、「支給限度基準額」です。

では、8つのサービスがどうして適用外なのか?ということですが・・・

(1)は、居宅療養管理指導は医師等の判断により行われるため

(2)~(5)・(8)は、入所施設でありほかのサービスと組み合わせることが出来ないため

(6)・(7)は自己負担がないため

となります。

ただ単に用語を覚えるのではなく、裏付けを覚えるようにすると理解が深まりますよね!

「私はケアマネ試験に合格する!」と覚悟を決め、 気持ちを静めて、落ち着いて、勉強に集中しましょう。

試験は他人との戦いではなく、 自分の弱い心との戦いです。

試験に対して不安に思っているのは、みんな同じです。

でも、それに耐えられた人が合格するのです。

スポンサーリンク
山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
おすすめの記事