山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
スポンサーリンク

山口あき子
受講生からのQ&Aをシェアしたいと思います。
ぜひ、参考にしてくださいませ。

  質問よろしくお願いいたします!

①レビー小体型認知症では、具体的で詳細な内容の幻覚が見られることが特徴とされる⚪︎?×

②老健には広告制限がある、特養には制限がない?
特養には第三者評価は義務?

③通院のための乗車または降車の介助では、往路と復路を合わせて1回と算定する×?

①レビー小体型認知症は、特殊なたんぱく質によって神経伝達が障害されるために起こる認知症です。初期の段階で物忘れよりも、本格的な幻視が見られる場合が多くなります。

よって①は◯となります。併せてその他の認知症に関しても整理すると良いでしょう。

②問い合わせの様に、老健については、施設及び構造設備に関すること・職員の配置員数など、広告出来る項目が制限されています。特養においても同じ内容で広告が制限されています。第三者評価について、任意となっています。ちなみに、認知症グループホームや、小規模多機能型居宅介護などの地域密着事業所における、外部評価は義務となっています。

③通院乗降介助は、往路・復路それぞれの介助で100点を算定する事ができます。よって答えは×です。通院乗降介助とは、「乗車前介助」及び「降車後介助」の連続して行われる外出に直接関連する身体介護について算定されるため、乗車と降車のそれぞれについて区分して算定する事は出来ません。

スポンサーリンク
山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
おすすめの記事