山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
スポンサーリンク

山口あき子
受講生からのQ&Aをシェアしたいと思います。
ぜひ、参考にしてくださいませ。
「基準該当サービス」とはどのようなサービスでしょうか?

基準該当サービスとは、ある事業者が指定居宅サービス事業者の指定条件を完全には満たしていなくても、保険者が当該事業者のサービスが一定の水準を満たしていると認めた場合には、「基準該当サービス事業者」として、被保険者に対し特例居宅介護サービス費が支給される場合があります。

???ですよね。

難しい用語が並んでいてさらに混乱してしまいますね。

では、上記の説明文をさらに分かりやすく説明しますと、

ある事業者【介護サービスを提供する法人や会社】が指定居宅サービス事業者【介護保険内でサービスを提供するには都道府県の指定を受ける必要があります】の指定条件【国が定めた基準や規則】を完全には満たしていなくても、

保険者【市町村や特別区】が当該事業者【先ほどのある事業者】のサービスが一定の水準を満たしている【市町村が考えるサービスの基準をクリアしている】

と認めた場合には、

「基準該当サービス事業者」として、被保険者【サービスを利用する利用者さんです】に対し、特例【市町村が認めた特別な】居宅介護サービス費【8~9割の利用料金を国保連へ請求できる介護保険サービス費】が支給される場合があります。

基準該当サービスが認めれているのは、訪問介護・通所介護などの一部の居宅サービス、居宅介護支援、介護予防訪問入浴介護などの一部の介護予防サービス、介護予防支援などです。

一度では難しくても、2度3度と繰り返し読み込んでみて下さいね。

スポンサーリンク
山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
おすすめの記事