山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
スポンサーリンク

山口あき子
受講生からのQ&Aをシェアしたいと思います。
ぜひ、参考にしてくださいませ。

受験資格の件で教えて下さい。介護福祉士の資格を7年前に取りました。5年は介護現場で働き、天職してから生活相談員もしております。介護福祉士の資格をもっての経験5年には匹敵しませんか?

介護福祉士の資格に基づく業務とは、「要援護者に対する直接的な対人援助業務」になります。つまり、営業や事務ではない資格本来の業務に従事している期間のみが対象です。
入浴や排泄ケア、食事介助などの身体介護ですね。

デイサービスでは直接的な介護業務だったと考えてよろしいでしょうか?

ここで少し整理をすると、
介護福祉士を取得してから5年間はデイサービスで介護業務に従事していた。
転職してからは生活相談員を兼務している。(もしくは生活相談員として勤務している)ということになりますでしょうか?

もし、そうであればデイサービスで介護スタッフとして勤務していた期間が「5年」かつ「900日」の条件を満たしている場合は、問題ありません。

しかし、「5年」かつ「900日」という条件に日数が満たない場合は、注意が必要です。

というのも、都道府県によっては、「生活相談員として従事した日数はカウントできない」とする場合もあれば、「生活相談員の業務内容は介護業務と同じとする」場合もあります。

実際に転職された後の勤務形態が詳しく分かりませんので受験が可能かどうかは、必ず受験地の都道府県に確認してください。

スポンサーリンク
山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
おすすめの記事