山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
スポンサーリンク

山口あき子
受講生からのQ&Aをシェアしたいと思います。
ぜひ、参考にしてくださいませ。

過去問で55歳の要介護3である被保険者は介護老人福祉施設に入所する事が出来るか?の質問で入所 出来る。ですか特定疾病で無くても入所出来るのですか?

この問題は、要介護認定の仕組みが理解できているか?介護老人福祉施設に入所できる対象者を理解しているか?が問われていますね。

まずは、2つのポイントを押さえておきましょう。

①介護サービスを利用するためには?

介護保険制度で介護サービスを利用するには、あらかじめ要介護・要支援認定を受けなくてはなりませんね。

40歳から64歳までの医療保険加入者は40歳になったら自動的に「第2号被保険者」になりますが、
誰でも要介護・要支援認定を受けて、介護サービスを利用することができるわけではありません。

第2号被保険者で介護認定を受けることができるのは、特定疾病に該当する人でなくてはなりません。
つまり55歳で要介護3という事は、「前提として特定疾病に該当している」必要があります。

②介護老人福祉施設に入所できるのは?

原則として要介護3以上でなければなりませんよね。

ここで、少し混乱してしまうのが、要介護度以外にも、年齢も入所判定の要素かもしれない?と思ってしまいことです。

しかし、要介護認定の結果が「要介護3以上」であれば第1号被保険者か第2号被保険者か?は関係ありません。

第1号被保険者だけが入所可能と勘違いしそうですが、そうではありませんよ。

例えば、50歳代で脳梗塞を起こす方、難病と言われているALSやパーキンソン病を発症する方もいらっしゃいます。

このような特定疾病に該当するケースでも要介護3以上であれば、介護老人福祉施設に入所が可能です。

ご理解いただけましたか?

焦らず少しづつ整理していきましょうね。

スポンサーリンク
山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
おすすめの記事