山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
スポンサーリンク

山口あき子
受講生からのQ&Aをシェアしたいと思います。
ぜひ、参考にしてくださいませ。
「介護予防サービス事業者」と「介護予防支援事業者」の違いがよくわかりません。

すでに理解されている方も、確認の意味で目を通してくださいね。

まず、介護保険制度では、要介護1~5の方が利用できる「介護給付」、要支援1・2の方が利用できる「予防給付」、市町村が独自に条例で定める「市町村特別給付」の3種類があります。

予防給付の中で、被保険者の方が利用するサービス全般を「介護予防サービス」と呼び、介護予防訪問看護や介護予防通所リハビリテーションなどが挙げられます。

この介護予防サービスを提供する法人や会社が「介護予防サービス事業者」です。
一方、「介護予防支援」というサービスが予防給付にはありますが、これは要支援の方がサービスを利用する際にケアマネジメントをする仕事、すなわちケアマネージャーの仕事です(介護予防の場合は主に地域包括支援センターが担当します)。

この地域包括支援センターをはじめとするケアマネージャーが務める法人や会社を「介護予防支援事業者」と呼びます。

「支援」=ケアマネジメント、「支援」と入るのはケアマネージャーがいる所だ、ということを覚えておくと、混乱せずにすっと理解できると思います。

焦らず少しづつ専門用語を理解していきましょうね。

スポンサーリンク
山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
おすすめの記事