山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
スポンサーリンク

山口あき子
受講生からのQ&Aをシェアしたいと思います。
ぜひ、参考にしてくださいませ。

  薬局の薬剤師が居宅療養管理指導を行う場合、医師の指示があれば個別援助計画を作成しなくても良い?(薬学的管理指導計画は個別援助計画とは違いますか?)

個別援助計画書と薬学的管理指導計画書の違いについては以下の通りとなりますので、違いをご確認ください。

「個別援助計画書」
ケアの質を高めるためには、自分たちが行っているケアを、ある程度客観的に評価するためのツールが必要になりますので、各サービス事業所が作成するものが「個別援助計画書」となります。

「薬学的管理指導計画書」
個々の患者さんに合わせ、どのような管理指導を行っていくかを記載するものです。訪問初期には患者さんの状況が不明なことが多いので、服薬状況の確認と服薬確保への工夫や、薬効・副作用などのチェックといった基本的な管理指導を行いますが、患者さんの状態・状況を把握してきたら、その都度、必要な管理指導を盛り込んでいきます。

スポンサーリンク
山口あき子
購読ボタンを押すと定期的にワンポイントアドバイスが送られます。 隙間時間に学習しちゃいましょう!
おすすめの記事